みつまるライフ

福祉業界の制度・資格・転職について書いています。

MENU

資格

衛生管理者の試験対策と過去問!各分野のまとめと紹介。

衛生管理者の試験は3つの分野から構成されています。 構成の内容は 関係法令 労働衛生 労働生理 があり、それぞれの分野で得点の合計が40%以上、かつ総合的に60%以上の得点を取る事が合格の条件となります。 今回は、私が過去に作成した各分野の記事…

衛生管理者の試験対策と過去問!労働生理について。 

衛生管理者の試験は3つの分野から構成されています。 そのうちの1つである労働生理について、私が触れた過去問をご紹介してゆこうと思います。 毎回決まって出題される問題や、出題頻度が高い問題、出題頻度が低くマニアックな問題などを纏めましたので受…

衛生管理者の試験対策と過去問!労働衛生(有害業務に係るもの以外)について。 

衛生管理者の試験は3つの分野から構成されています。 そのうちの1つである労働衛生について、私が触れた過去問をご紹介してゆこうと思います。 毎回決まって出題される問題や、出題頻度が高い問題、出題頻度が低くマニアックな問題などを纏めましたので受…

衛生管理者の試験対策と過去問!労働衛生(有害業務に係るもの)について。 

衛生管理者の試験は3つの分野から構成されています。 そのうちの1つである労働衛生について、私が触れた過去問をご紹介してゆこうと思います。 毎回決まって出題される問題や、出題頻度が高い問題、出題頻度が低くマニアックな問題などを纏めましたので受…

衛生管理者の試験対策と過去問!関係法令(有害業務に係るもの以外)について。

衛生管理者の試験は3つの分野から構成されています。 そのうちの1つである関係法令についてですが、これには 有害業務に係るもの 有害業務に係る以外のもの の2種類があります。 今回は衛生管理者の試験対策として有害業務に係る以外のものにフォーカスし…

ケアマネ転職時の注意点。事前確認の必要性とデメリットを公開!

福祉業界は離職率は高いと聞きます。 これは同時に転職率の高さも表しているのではないでしょうか。 業界内での転職の理由として、 介護福祉士からケアマネになりたい。 ケアマネとして職場を変えたい。 などなど、理由は人により様々かと思います。 今回は…

衛生管理者の試験対策と過去問!関係法令(有害業務に係るもの)について。 

衛生管理者の試験は3つの分野から構成されています。 そのうちの1つである関係法令について、私が触れた過去問をご紹介してゆこうと思います。 毎回決まって出題される問題や、出題頻度が高い問題、出題頻度が低くマニアックな問題などを纏めましたので受…

衛生管理者の試験対策!合格率を上げる勉強方法はこれ!

幅広い分野で需要がある衛生管理者。 事業所の規模や従業員数により、法的に配置義務が定められているため、個人的に取得を目指している方や会社からの指示で受験予定の方など、衛生管理者の資格取得を目標にされている方は多くおられるかと思います。 衛生…

衛生管理者とは?受験申込から難易度、合格率や業務内容について。

衛生管理者という資格を聞いた事がある方は割とおられるかと思います。 この資格は福祉業界以外にも、製造業や運送業でも需要があり実に幅広い分野で必要とされているのです。 衛生管理者について どんな資格なのか知りたい。 業務内容を知りたい。 試験の申…

ケアマネと生活相談員の違いとは?仕事内容や役割について。

福祉施設において配置が必須と定められているこの2つの職種ですが、業務範囲が重複する場面が多々ある為、どうしても違いがピンとこない方も多いのではないでしょうか? この2つの職種について 決定的な違いや役割を知りたい。 就職(転職)するならどちら…

社会福祉主事任用資格とは?取得の為の養成機関と通信教育について。

社会福祉主事任用資格という資格を聞いた事がある方は多いのではないでしょうか? この資格は特定の職種に就く為に必要となったり、転職の際にアピールポイントとなりますので根強い需要があるのです。 この資格について 社会福祉主事任用資格とは何なのか?…

労務管理士の資格とは?資格認定講座の内容や必要な登録料と年会費は?

労務管理士と呼ばれる資格名を耳にした方はおられませんか? これは日本人材育成協会という機関が胴元になる資格です。 この日本人材育成協会から皆さんの自宅に労務管理士資格認定講座案内が届くことがありまして、多くの場合そこが資格取得のきっかけとな…

喀痰吸引等研修とは?転職に役立つの?

平成24年から一定の研修を修了した介護職員が喀痰吸引と経管栄養を行うことができるようになりました。 介護職員は時に重度な利用者と関わる場面も数多くあり、その中でも医療ニーズの高い高齢者へのケアにおいて介護職員が行える医療行為も必要と認められた…

<