ストレスのセルフケア。原因と対処法を知りストレスに強くなる方法。


福祉業界に何らかの形で身を置く人は気付かないうちにストレスを溜めやすいと聞きます。

介護職員なら認知症高齢者の対応やハードなタイムスケジュールに、
相談員なら利用者のご家族とのやり取りや事業所の人間関係に、
ケアマネなら毎月の実績処理や各事業所間との関係構築に、
などなど事情は様々ですが、各職種が各々に問題や課題を抱えています。

これらの職種以外の方にも該当しますが、そもそもストレスの原因は何なのか?を考え行動する事で、その辛さを場合により大きく減らす事が出来ます。

ストレスの原因

ストレスの原因としては人により様々ですが、多くの場合は

  • 判断を迫られる時
  • 迷いが生じた時

の2つがあります。

この2つの要因を日常的に極力減らし、上手に付き合う事でストレスを解消する事が出来るのです。

溜まったストレスを解消すると言うよりは、最初からストレスの原因を回避する事が重要となります。

ストレスを回避するタイミング

ストレスを感じる場面も人により様々ですが、まずは

朝の無駄な判断を減らすこと

が重要となります。

就業している人にとって、このタイミングは具体的に大きく分けて2つあり、それは

  1. 起床後~出勤まで
  2. 出勤直後

となります。

それでは以上の2ツをもう少し具体的にお話してゆきます。

起床後~出勤までの判断を減らす

結論から言うと、起床後の判断を減らす為に前日のうちに出勤準備を済ませておく事です。

例としては

  • 朝食は何を食べるか?
  • 服は何を着て行くのか
  • 何を持って行くのか?
  • その他、朝の習慣化している行動はいつするのか?

などです。

朝の時間は貴重なので、5分はあっという間に過ぎてしまいます。
女性であれば時間の戦いですよね。
そんな貴重な時間に、つまり切迫している場面で判断を迫られると人はどうしてもストレスを感じてしまいます。

仕事中ならまだしも、出勤前からストレスを溜めこむ事で仕事のパフォーマンスに悪影響を及ぼしてしまう事は非常に勿体無い話ですよね。
まずは朝の過ごし方に余裕を持ち、小さく無駄な判断をしなくて済む様に前日に出来るだけ細部まで朝の行動を計画しておきましょう。

朝の行動を時系列でイメージ出来る様になれば良いでしょう。

出勤直後の判断を減らす

『仕事は段取りが8割』という言葉を聞いた人は多いでしょう。
この段取りとは当日のスケジュールと解釈して下さい。
これの結論から言うと、前日に当日のスケジュールを把握しておく事となります。

少しイメージして下さい。
自分が出勤してから何をして良いか解らない、一日の流れが把握できていないと不安に感じませんか?
不安な時なら尚更ですが、そんな場面で一日の計画(段取り)を立てるという事は出勤直後から小さな判断を複数迫られるという事になります。

職種によりその把握する内容は異なりますが、介護職員を例に挙げるとすれば

  • 入浴する利用者は誰か?
  • 往診を受ける利用者は誰か?
  • 特別な医療処置を受ける利用者は誰か?
  • 自分の担当する業務は何なのか?
  • また、それらは何時から、どんなタイミングで行われるのか?

といった具合です。

例を挙げてもこれだけの情報を実際に動き出す前に把握する必要があります。
出勤直後に時間に余裕があれば話は別ですが、就業時刻直前にこれらの情報を完璧に把握し、行動に移す事は困難ですし、何かの手違いが生じるリスクも高まります。

限られた時間の中で迷いや不安を持ちつつ、判断をするという事は非常にストレスが溜まります。
快調な出だしを切る為に、こちらも是非余裕を持って行えるようにする事をお勧めします。

ストレスのイメージ

よく『ストレス解消の方法』『ストレスのセルフチェック』といったフレーズを耳にします。
解消とは、溜まったストレスを発散させる事なのですが、これではストレスを溜める事を前提にしている様に聞こえてしまいます。

少しでもストレスフリーに過ごしたいのであれば、そもそもストレスを感じない様に事前準備する事も重要なのではないでしょうか。

また、『セルフチェック』についても、ストレスの原因となる出来事に意識が向きがちですが、こちらもどの様に回避するか?を考えた方が合理的だと言えます。

私のストレスに対するイメージですが、

RPGで例えるとHPをどれだけ減らさずに済むか?

となります。

この例えで言うと、ストレス解消は回復魔法となります。
それ以前に如何にして敵の攻撃を回避し、ダメージを負わない様にするか?に注目した考えですね。
(余談ですが私はRPGでは防具から整えるタイプですw)

自分がストレスに感じる部分を分析し、それに対して余裕を持って対応する事が自分の最大HPの向上に繋がるのではないでしょうか。

今回お話した内容はあくまで一例となります。
人により重視するポイントは変わりますが、何かの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました